ヒゲや体毛が濃い人はAGAになりやすい?

ひげや体毛とAGAの関係!正しい理解が必要

AGA に関する話題が盛んになっているのは、それだけ関心を寄せている人が多いからといえるでしょう。とりわけ、薄毛や抜け毛、脱毛などの頭髪トラブルに見舞われている人にとっては極めて大きな関心事といえるかもしれません。近年になってからAGAという言葉も定着しつつありますが、その正確な内容について理解している人はまだまだ少ないというのが実態ではないでしょうか。「ひげや体毛が濃い人はAGAになりやすいの?」という疑問を持つ人も多くいます。しかしながら、現実には必ずしもそうとは限りません。髪の毛が少ない分だけ、ひげをたくわえたいという心理が働く人もいるかもしれませんが、その点についてはあくまでも想像の範囲内です。医学的な根拠があるわけではないので、注意が必要です。

把握しておきたいジヒドロテストステロン

確かにAGAを引き起こす原因には、男性ホルモンがあることは事実です。ジヒドロテストステロンと呼ばれる物質の作用により、薄毛や抜け毛、脱毛などの頭髪トラブルが発生するのも事実といえるでしょう。ジヒドロテストステロンの特徴として、頭髪トラブルの原因になると同時に、ひげや体毛を濃くするという働きもあります。毛母細胞の働きを活性化させる作用があるのです。このように、一見矛盾しているとも思われるような作用をもたらすのが、ジヒドロテストステロンといえるのではないでしょうか。髪の毛の成長を妨げる一方で、ひげや体毛の成長には寄与するという不思議な物質です。むろん、誰にでもいえることではなく、個人差があることはいうまでもありません。