食生活や生活習慣の乱れはAGAの原因に?

偏った食生活はAGAを招く可能性がある

髪の毛が細くなったり、短い段階で抜けてしまったりという場合はAGAを疑うべきでしょう。発症する原因は遺伝や加齢だけとは限りません。たとえば、食生活の乱れが薄毛の進行を招くことがあります。たとえば、体型維持や健康な身体を目的にダイエットをスタートさせて偏った食事内容にしてしまうと、髪の毛の成長に必要な栄養が不足し、ハリやコシが乏しい髪の毛になります。異常が発生しているにもかかわらず偏った食生活を続けたことによってAGAを発症したり、薄毛を加速させたりするリスクが高まります。

ですから、食生活をきっかけにAGAを発症させたくないなら、バランスを意識した食事を心掛けましょう。ただ、急に変えてしまうとストレスを感じる場合があるため、少しずつ食事の内容は少しずつ変えるのがコツです。

生活習慣の見直しがAGAの抑制に効果的

普段の何気ない行動によってAGAの発症を招いている可能性があります。たとえば、喫煙は血管を収縮させて血流が悪くなり、髪の毛が育つために消費する栄養を頭皮に届けにくい状態を招きます。また、睡眠中は髪の毛が成長しやすいので、寝不足が続いてしまうと成長のスピードが遅くなります。寝不足はストレスの増加やホルモンバランスの乱れに影響を及ぼす点についても、髪の毛の成長にとっては好ましくないです。早い時期から育毛剤を使用したり、サプリメントを試したりするのはAGA対策として効果的ですが、まずは生活習慣の見直しを実施することが大事です。すると、AGAを発症するきっかけが少なくなり、健康な髪の毛が育つ状態を長く保てるようになるでしょう。